講師紹介

ピアノ講師の母でしたが、譜面の読み方を教わることはなく、吹奏楽に没頭する小学生時代に覚え、家では毎日、生徒さんと母が弾くピアノを聞きながら耳から覚えました。
ピアノ教室に習い始めたのは6年生、ソナチネとツェルニー30番を始めました。
 
高校2年の冬に、音楽大学に入ることを決意し、東京音楽大学ピアノ科に入学。
在学中はコンクール出場や、器楽伴奏、小学生や中学生の生徒さんを教える事もしていました。
一番好きな授業は初見演奏。
教職を取りながらも、卒業後は今しかできない経験をしておきたい、社会の仕組みを見てみたいと一般就職。
14年間、企業人として、仕事だけでなく、たくさんのお客様と出会ったのはとても良い経験でした。

仕事をしながらも年に一度は、卒業生との都内でのコンサートの自主企画と出演、器楽伴奏、また、3人の子供を出産し、子育て支援イベントでのコンサートやリトミックなどをしてきました。

最近では、市内のママさんブラスに所属し、高校生から続けている、トランペットを担当しています。
以前、スイングジャズの楽団に所属していた事もあり、色々なジャンルのジャズをきくことも好きです。

これからピアノを始めるお子さんも、途中でつまづいたり、嫌になったり、私のように途中、回り道するかもしれませんが、大人になってもやっぱり音楽は楽しい!と思えるようになってくれたらいいなぁと思いながら、それぞれのペースに合ったレッスンをしていく事を大事にしていきたいと思っています。